矯正歯科でできるインプラント治療って?|歯をキレイに整えよう!

dentist

ブラケット

歯

歯科矯正をどのように行うか、ということについて、一番イメージが強いのは矯正器具を付けて、歯の生える角度などを調整することだと考えている人がいます。そこで、説明したいのが、歯列矯正で装着する器具のことを「ブラケット」です。ブラケットは膝にかけるブランケットとは違いますよ。
そして、ブラケットには理想的な角度に調整されるように作られていて、それぞれが硬いパーツでしっかり関連付けられているため、装着しているだけでそれぞれの歯が理想的な角度になるようになっています。もちろん、人によって歯の状況は違いますから、ある程度の調整は歯医者さんがすることになります。矯正歯科の世界では長らく金属製のブラケットが使われてきました。しかし、ブラケットが口の内側にこすれて口内炎の原因になってしまったり、金属アレルギーを引き起こしたり……ということもあったので、最近ではプラスチックやセラミックのものがよく使われるようになっています。このような素材を使えば、金属アレルギーの人でも安心して施術を受けることが可能になりました。また、矯正するためには、ブラケットをただしく装着できるかどうかが非常に重要になってきます。歯医者さんの支持をきちんと聞いて、正しく扱うようにしましょう。そして特に、ブラケット周辺にはプラークがたまりやすくなります。そのため、きちんとプラークコントロールを行なって、普段から虫歯にならないように気をつけなければなりません。